テルミンという言語
 昨夜は武蔵小山の深ーいところにあるBar SYU-ONさんでのライブでした。
急遽決まったライブでしたが、通常6席のこじんまりしたお店に16人ものお客様が来て下さりほんとびっくりありがとうございました。
床に座ってた方、階段で聴いてくださってた方、バーテンさんのごとくカウンターのなかで聴いて下さってた方窮屈でごめんなさいでした。

私はちいさな小上がり席に乗っかっての演奏。店主のMoogのテルミンアンプはとっても良い音がして安心して演奏できました。
小さい箱の中から参加してくれた「あの」くんもありがとう。

 そしてこの日はなんだかテルミンサミットみたいな日でしたね。
テルミニストの店主、2人のテルミンの先生、テルマト弾くひとたくさん、そして奈良からいらしたフレンズオブテルミンのKさん、たまたま仕事で来日中だった韓国人のテルミニストのご夫婦。。
地元のお客さんの中にもテルミンを自作した方や、マトリョミンに興味があってyoutubeでテルミン大学教授の演奏を繰り返し見ていて、目の前に本人が表れてびっくりしたご近所の駄菓子バーの店主やら。。
(二日前に行った駄菓子バーで、店主が「これすごいと思わない?」なんてyoutubeみせるから、かすみんとふたりで「知ってるよ、ふふふ」って。)


テルミンということばでこんなに人が繋がるなんて思ってましたか?テルミン博士。

韓国の方にとっては日本はテルミン先進国のようです。
韓国国内では2年前に、ピアニストの方がコンサートの中でテルミンを演奏している姿がテレビで放映されたときテルミンブームがおこったそうです。その方は自分が一番先に日本でテルミンを聞いた韓国人だってよろこんでた。それが私でよかったかどうかは疑問ですが、テルミンをちゃんと練習する気になったって言ってもらえて私もとっても嬉しい。
初めて見たマトリョミンにも興味津々。お勧めした「テルミン学習帳」は買って帰ろうって言ってた。
このふたつが日本土産の定番として、成田空港内で売られるようになったら面白いね。


07/11 14:09 | 日記 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://tha62.blog37.fc2.com/tb.php/161-18d2b0b7
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 nico62 All Rights Reserved